シシャモ
「シシャモ」に出会える機会は実は本当に少ない。というと不思議に思うかもしれないけれど、街中で出会う「シシャモ」は実は「カペリン(カラフトシシャモ」)か「キュウリウオ」という似て非なるもの。もちろん、これはこれで美味しいのだけれど、本物は鵡川などの北海道のほんの一部でしか取れない、中々に貴重なものなのだ。

十分に育った本物の「シシャモ」はカペリンよりずっと大きく、食べ応えがある。何より旨味が濃厚だ。ちょっともったいないような気もするけれど七味とマヨネーズをちょっとだけつけて、ビールと一緒にいただくのが晩秋の時期の楽しみの一つ。その時が今から待ち遠しくて仕方がない。