友人のバイク乗りがちょっとしたドライブの際に持ってきてくれたこの『ツーリングマップル』。ただの地図かと思いきや、中を見てみると思わず「面白い!」と唸らせられる代物だった。
0006-map

地図のそこかしこにその道を実際に走ったライダーによる注釈が書かれていて、その情報がなんとも面白いのだ。

ツーリングには欠かせない道の走りやすさ、混雑具合にはじまり、飲食店のおすすめ情報や眺望の良いスポットに至るまでひとつひとつの情報が活き活きと感じられて、それを読んでいるだけで「ここは行ってみたい!」と思わせてくれる仕上がりだった。おまけに使われている用紙もライダーが雨でも困らないように耐水性の高い紙を使っていたりと細やかな配慮がされている。

正直言ってこれがあれば、他のガイドブックはいらないとさえ思ってしまった。

調べてみるとなんと初版は1985年、すでに30年もの歴史があるそうだ。筆者はバイクには縁がなかったとはいえ、こんなに楽しい本があったのを今まで知らずにいたのはまこと悔しい限り。

バイク乗りに限らず、車に1冊積んでおけば急なプラン変更にも対応できるし、旅行の計画を練るのにも重宝する。今年の旅行はどうしよう? そんな時にぜひ手にとってみてほしい、間違いなくおすすめの一冊だ。