ネットで噂が広まって、またたく間に売り切れたというAnker社製「Powercore 20100」。価格・重量・性能を総合的に考えて、現時点で明らかに最高のモバイルバッテリーと言えるでしょう。

Powercore20100
最近では多くの人が持ち歩くようになったモバイルバッテリー。タブレットなどの需要に応えるために大容量のものも増えていますが、こちらもご多分に漏れず、20100mAhという大容量。しかも容量に比して356グラムとかなりの軽量。手に持ってみるとズシッとした重さは感じますが、この容量でこの重さはまず文句のないところ。さらに2ポートで同時充電が可能、充電速度も高速(2台同時でも!)と言うことなし。満充電で持っていけば旅行中はこれ一つで事が足りるというまちがいなく買いの一品です。

アマゾンで約3,200円で購入できた初回入荷分はあっという間に品切れになったという製品です。(筆者は約3600円で購入、2015年9月15日18時現在アマゾンでは5999円で出品されているようです。)

筆者の経験上ではありますが、中国製などの安物のモバイルバッテリーはまず使い物にならないと思ったほうが良いでしょう。満充電でも、ろくに充電できずに切れてしまったり、すぐにモバイルバッテリー自体に充電ができなくなるという経験を何度も味わっています。

その点、Anker社はアメリカのメーカーですが、モバイルバッテリーでは名の通ったメーカー。パナソニック製のバッテリーセルが使われているとのことで、かなり信頼がおけます。出品者からではない公式ショップから購入すれば18ヶ月の保証がつくので、なるべくこちらからの購入がおすすめです。金額的にも明らかに公式からのほうがリーズナブルです。

大容量ゆえにモバイルバッテリー自体への充電は時間がかかることは仕方ないことですが(筆者の環境では満充電まで8時間ちょっと)、文句なく最強のモバイルバッテリー。これが3,000円あまりで購入できるなら明らかにお得な買い物です。