格安な通信料金が魅力のMVNO。SIMカードを店頭で購入して手持ちのスマホなどに挿してすぐに使い始められるのも魅力です。ですが、SIMサイズを変えるアダプターを利用する場合、ちょっと注意が必要となるんです。

SIM
そもそもSIMアダプターとはどんなものかというと、小さい順に、「nano」、「micro」、「mini」の3種類があるSIMカードのサイズを大きくしてくれるもの。この写真は一番小さなnanosimです。nanosimをmicrosimとして、あるいはmicrosimをminisimとして使用したい場合に使います。逆にカードを小さくするSIMカッターという商品もありますが、こちらはちょっと様々な問題があるのでできれば利用は避けたほうが良いでしょう。

SIMのサイズが異なる複数の端末でSIMカードを共用する場合やカードサイズを間違えて購入してしまった時(カードサイズの変更は契約業者によって違いますが2,000円から3,000円、しかも待たされる!)などに使います。また、新しい機種になるにつれてSIMカードのサイズは小さくなる傾向にあるため、自分の端末のサイズがわからない時は一番小さなnanoSIMをチョイスしておいて、SIMアダプターを用意すれば事実上すべての端末で使えるので非常に便利!

ただし、大きな落とし穴が2つ。1つはメーカーがSIMアダプターを使っての動作保証をしていないということ。そしてもう一つが非常に重要で、SIMカードを入れずにアダプターだけを端末に差し込むと高確率で端末が壊れてしまうんです。

SIMアダプター
写真をみると一目瞭然ですが、アダプターにSIMカードを入れるという構造上、当前ながら段差ができてしまいます。実はコレが機械を壊してしまう原因となるんです。

SIMカードの情報はICチップの金属部分に携帯端末の金属端子で接触することで契約者情報などを読み取っています。アダプターのみを差し込んでしまうとこの端子が、溝に引っかかって取り出せなくなったり、無理に取り出すと折れたり曲がったりして簡単に壊れてしまうという事態が起こります。

とても小さなアダプターをなくさずに保管するのはなかなか面倒なこと。だったら使わないでいる端末にとりあえず挿しておこうと考えてしまいがちですが、これは本当に危険! 動作保証対象外の行為ゆえにいざ壊れてもメーカーが修理に応じてくれるかは疑問です。

本当に有用なSIMアダプターですが、そこだけは注意が必要です。