消せる蛍光ペン

子供の頃はいつも筆箱に入っていた蛍光ペン、あの毒々しいほどの鮮やかさが面白くて様々なところに落書きした記憶も。かき氷のシロップの色に似ているからと授業中に舐めてみたなんて知人もおりました。試験勉強における暗記項目のマークにはきっとほとんどの人がお世話になったはずですよね。 そんな蛍光ペンも進化を遂げておりました。

数年前に登場してちょっとした話題となった消せるボールペン。大事な書類に書いたものが熱で消えてしまったなんて笑えない話もありましたが、いまや当たり前の商品になっています。ところがいまや蛍光ペンまで書いた文字を消せる新製品が出てきたんです。

従来の消せるボールペンと同様に摩擦熱で消すという理屈はそのまま。例えば暗記学習の際に重要項目にマークしておいて、覚えたものから消していくなど中々便利に使えそう。
書き心地も従来の蛍光ペンと全く同じ。なんの違和感もなく使えます。

調べてみると蛍光ペンが生まれたのは1971年のことなのだとか。40年余りの間に少しずつ進化を遂げていたのですね。

Written by Matsu